落ち着きのない大人が 手あたり次第にチャレンジします!!

駅前でもらったチラシに書かれていた魔法の言葉(わらプレvol.125)

2020/03/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
桑山 元
社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」に所属しています。 お笑い芸人の傍ら、「わかりやすい伝え方」を極めるべく、セールスライター、スピーチライター、講師、ライトノベル執筆に挑戦中! 最近は「遅ればせながら」御朱印集めにハマりつつあります。

こんにちは、桑山です。

昨日は「徹子の部屋」がオンエアになり、たくさんの方からメッセージを頂きました。
ありがとうございます♪

自分の中では、日々、そこまで頑張らずに(笑)生きているだけなのですが、振り返ると、今の状況がとっても恵まれているなぁと感じます。

今から9年前、僕はそれまでの人生の中で一番のどん底を経験していました。

全て自分の生活態度や考え方が招いたことなので自業自得なのですが、本当にどん底でした。

借金は自分でも把握しきれないほどありました。
毎日、キャッシングしてはすぐに使ってしまい、ギャラをもらうと武富士に返しにいく。
そんな毎日でした。
ある時、ギャラの支払いが3ヶ月遅れることがあって、僕はあっという間に返済に困り、トビました。
そこから7年は信用情報のブラックリストにも載り、クレジットカードも作れませんでした。
そのときになって初めて、全ての借金を計算すると200万円を超えていました。

そんな荒んだ生活を送っているわけですから、人間関係も上手くいくわけがありません。
やることなすことが全て裏目に出て、周りの人全員に反感を買っていました。

当時は本当に生きていくのが辛くて、「寝てる間に気づいたら死んでないかなぁ~」なんて本気で考えていました。
朝、目が覚めると「あぁ、そう簡単にはいかないか」と生きていたことに落胆したりしていました。

そんな時、駅前で一枚のチラシをもらいました。
キリスト教の教会のチラシでした。
A5くらいの紙に青い文字の一色刷り。
イラストもなく、文字だけが書いてありました。

普段なら読みもせず、また受け取りもしなかったと思います。
ただ、その時はたまたま受け取り、電車の中で他にすることもなかったので、なんとなく読み始めました。
そこには「魔法の言葉」と題された体験記が書いてありました。

私はどん底の人生だった。
でも教会と出会い、感謝の気持ちを学んだ。
「ありがとう」という言葉を積極的に使うようになった。
すると人生が激変した。
「ありがとう」は魔法の言葉だ。

そんな、よくある話でした。
ただ、その人の境遇が自分に重なる気がしました。
何をやっても裏目に出ていたので、とりあえず僕も「ありがとう」を一日に何回言えるかにチャレンジしてみることにしました。

ん?
何の話?
宗教でも勧められるのか?
と、不安になってきましたか?

そんなことはないので、もう少しだけ話を聞いてください。

「ありがとうチャレンジ」、最初は上手くいきませんでした。
回数だけをカウントしてチャレンジしているので、会話中、不自然なところに「ありがとう」を差し挟んでしまうのです。
それでも続けました。

その結果、どうなったと思いますか?

奇跡が起きた?

周りの人との関係性が、みるみる好転していった??

そんなことは一切ありませんでした。
奇跡は起きなかったし、魔法もありませんでした。

ただ、ひとつだけ得たスキルがあります。

それは【話しながら別のことを考えられる】スキルです。

最初は「ありがとうをどこに差し挟むか?」に気をとられて、会話に集中できないのですが、1週間くらい経つと感覚がつかめてきて、2週間くらい経つとコツがつかめてきました。

これが出来るようになると、話しながら相手の反応を見る余裕が生まれます。
話しながら、次の展開や着地点を探せるようになります。
(もっとも酔っ払うと相手の反応とか関係なく喋り続けるので、とっても嫌われますが)

これが昨日お話していた「とりあえず喋る。話しながら次を考える」を実践するトレーニング方法です。

「ありがとう」って悪い言葉じゃないし、不自然でも「言われて嫌な言葉」ではないので、トレーニングするにはとてもリスクが低い言葉です。

是非、お試し下さい!!!

P.S.
でも9年前と現在を比べると、確かに人生は激変しています。
「ありがとう」は本当に魔法の言葉なのかもしれません。
そして、駅前でチラシを渡してくれた人は、神様だったのかもしれません。
だからといって、キリスト教徒になる予定は今のところ全くありませんが。

この記事を書いている人 - WRITER -
桑山 元
社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」に所属しています。 お笑い芸人の傍ら、「わかりやすい伝え方」を極めるべく、セールスライター、スピーチライター、講師、ライトノベル執筆に挑戦中! 最近は「遅ればせながら」御朱印集めにハマりつつあります。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 桑山元、遅ればせながら チャレンジ中!! , 2017 All Rights Reserved.