落ち着きのない大人が 手あたり次第にチャレンジします!!

暑中見舞いで岩を投げる!?(わらプレvol.227)

2020/04/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -
桑山 元
社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」に所属しています。 お笑い芸人の傍ら、「わかりやすい伝え方」を極めるべく、セールスライター、スピーチライター、講師、ライトノベル執筆に挑戦中! 最近は「遅ればせながら」御朱印集めにハマりつつあります。

おはようございます、桑山です。
今日は亀戸で2回公演です。
明日は群馬県の前橋で2回公演。
しかも日帰り。

年齢的にも体調管理をしっかりしなきゃな、
と思います。

まだまだ日中は暑い残暑も続いてますしね。

残著といえば、僕は毎年、暑中見舞いを出してます。
今年は知り合いもかなり増えて、430枚。

ちなみに95%は返ってきません。
ハガキで返ってきたのが7通。
メールでお返事いただいたのが12通。
宛先不明で返ってきたのが13通(笑)
これが一番多い!!

いや、いいんですよ。
僕が好きで勝手にやっていることなんで。

ただ今回の暑中見舞いでは、いつもと違うことを
ちょっとだけ試してみました。

それは何かというと……

「お願い」

今回、全員にではないんですが半分くらいの人に
お願いをしてみました。

お願い内容は

「人前で話すのが苦手な経営者さん」が
お知り合いの中にいませんか?

というもの。

この「わらプレ」でお話ししてきたことを
実際に試してみたくなったんです。

それで別に経営者さんである必要はなかったのですが
「経営者さんの中にもスピーチや人前で話すことで
困っている人が意外にいる」
ということを耳にしまして、お話してみたくなりました。

・実際、どういうことで困っているんですか?
・僕が手助け出来る余地はあります?
・もしかして、お仕事になっちゃったりします?
などなど。

でも、このままだと唐突過ぎるので

わらプレを本にしたいのですが、そのリサーチのために
人前で話すのが苦手な経営者さんにお話を聞きたい

という体裁でお願いしたんですよ。

 

そうしたら、どうなったと思います?

 

・企画書あったら仲の良い出版社の社長に繋ぐよ

・経営者とは違うけど士業の人でそのスキル欲しい人
いっぱいいるけど、勉強会とか出来ない?

・経営者の実情とかわかるから一度会わない?

・セミナー講師に関して思うところがあるので話がしたい

・多くの経営者を知ってるが経営者は一様に話が上手いよ。
他の一般向けの方が本としては売れるんじゃないかな?

 

など、色々な反応が返ってきてビックリしました。

 

 

この反応を振り返ってみて、思うことは4つ。

1.お願いしてみると、助けてくれる人はいる。

2.本当にやりたいことを勇気をもって素直に書く。

3.無難なことを書いても反応は来ない。

4.批判を恐れずに書く。

 

もちろん、程度問題はあります。

 

毎回、お願いばかりしていたら確実に嫌がられるでしょうし、
批判を恐れずに「言いたい放題」書いていても嫌われるでしょう。

 

でも、でもっ!!!

 

多くの人が
「こんなことを言ったら批判されるんじゃ?」
「こんなことお願いするなんて恥ずかしい」
「お前、何様だって思われないかな?」
と腰が引けて、言葉を飲み込んでるんじゃないでしょうか?

 

それが【相手のことを考えて】自粛するならOK。
(「言いたい放題」を回避するためですよね?)

でも【自分のプライドが傷つくから】自首するのはNG。

そう感じました。

 

砂粒一粒を池に落としても、水面は揺れません。
でも、岩を抱えて池に落とせば、水面に激しい波紋が生じます。
激しい波は立ちますが、自分の存在も知ってもらえます。

 

発言のエッジが立っているほど、波風は立ちます。
かなり批判もされます。
でも、応援する人も出てきてくれます。

 

ただの目立ちたい精神で極論を言えというのではありません。
(ここは誤解しないでくださいね!!)

 

でも、自分が傷つくことを回避するあまり、
【自分の本当の想い】【伝えるべき想い】を
飲み込んでしまって、チャンスを逃していませんか?

 

ほんのちょっとだけ、勇気を出して、
水面を揺らして、誰かにお願いしてみませんか?

 

 

※P.S.
昨日の朝に書き始めたのですが、空き時間に書いていたら
今日の朝になってしまいました。
今、9/1。群馬県の前橋の会館についたところです(笑)

面白そうなので、書き出しはそのままにしました。

P.S.2
暑中見舞いを書いていて思うことは
「僕は言葉数が多すぎる」
ということ。
もっと「シンプルに」「伝わる言葉で」
書く練習にはスペースが限られているハガキが
実は最適の練習方法なのかもしれません。

P.S.3
暑中見舞いの反応案件ではありませんが、
別口で区議会議員さん向けの
【伝わるスピーチ勉強会】の話も出ています。

この記事を書いている人 - WRITER -
桑山 元
社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」に所属しています。 お笑い芸人の傍ら、「わかりやすい伝え方」を極めるべく、セールスライター、スピーチライター、講師、ライトノベル執筆に挑戦中! 最近は「遅ればせながら」御朱印集めにハマりつつあります。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 桑山元、遅ればせながら チャレンジ中!! , 2019 All Rights Reserved.