落ち着きのない大人が 手あたり次第にチャレンジします!!

台本を書くのはしんどい!?(わらプレvol.100)

2020/04/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
桑山 元
社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」に所属しています。 お笑い芸人の傍ら、「わかりやすい伝え方」を極めるべく、セールスライター、スピーチライター、講師、ライトノベル執筆に挑戦中! 最近は「遅ればせながら」御朱印集めにハマりつつあります。

お久しぶりです。桑山です。
ザ・ニュースペーパー銀座博品館劇場の本公演が
終わり、すぐに札幌公演。
それもようやく終わり、やっと一息ついている
ところです。

本公演の稽古から現在に至るまで色々な事が
起きましたが、今日はその中でも本公演の稽古の
最終日近くに起こった出来事について、お話し
しましょう。

いよいよ本公演間近ということで、稽古終了後に
軽くお食事&飲みに行きました。

取り留めない雑多な話が出たのですが、その中で
「台本(ネタ)を書くのはとても労力がかかる」
という話が出ました。

僕自身もネタを書くのは嫌いではありませんが、
得意というわけではありません。

なかなか上手く書けずに作家の先生の「文章教室」
に通って、『なにかヒントはないか?』とか、
起業を目指している人の勉強会に参加して、
『サラリーマンの現状はどんな感じなのか?
何に悩んでいるのか?』を感じたりしている訳です。

(起業を『目指している』人は、大体が
現在はサラリーマンの人で、何かに不満がある
から起業したいと思う訳です)

うんうん、確かに台本を書くのは凄い労力だ。
書いてる最中は「ホントにこれ、面白いのか?」
と不安に押し潰されそうになるわけです。

それ以前に「面白い」と思うことが、全く
思いつかないこともあります。

【台本を書くのは凄い労力】
まさに産みの苦しみです。
これに異を唱える人はおそらくいないでしょう。

と、思っていたら……いました!!
先輩の松下アキラさんです。

「台本を書くのは別に苦ではないけど……」

まぁね、そりゃあなたは天才だから苦とは
感じないのかもしれないけど、普通の人はね……

そう、頭の中で反論し始めたときでした。
アキラさんは続けて言いました。

「だって、何のプロなんですか?」と。

(つづく)

この記事を書いている人 - WRITER -
桑山 元
社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」に所属しています。 お笑い芸人の傍ら、「わかりやすい伝え方」を極めるべく、セールスライター、スピーチライター、講師、ライトノベル執筆に挑戦中! 最近は「遅ればせながら」御朱印集めにハマりつつあります。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 桑山元、遅ればせながら チャレンジ中!! , 2017 All Rights Reserved.