落ち着きのない大人が 手あたり次第にチャレンジします!!

ビーチで起こった素敵な話(わらプレvol.101)

2020/03/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
桑山 元
社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」に所属しています。 お笑い芸人の傍ら、「わかりやすい伝え方」を極めるべく、セールスライター、スピーチライター、講師、ライトノベル執筆に挑戦中! 最近は「遅ればせながら」御朱印集めにハマりつつあります。

(前回のあらすじ)
先輩の松下アキラさんは、飲み会で「台本(ネタ)
を書くのは凄い労力でしんどい」という意見が
出たときに異を唱えました。

「だって、何のプロなんですか?」と。

その一言は僕にとっては物凄く衝撃的な一言でした。

よく、頭をハンマーでガツンと殴られたような
衝撃、という使い古された表現がありますが、
まさにそんな感じでした。

何のプロ?

これはとても重要な考え方なのです。

その発言を聞いて、僕はひとつのエピソードを
思い出しました。
有名な話なので、もしかしたらご存知かも
しれませんが……。

リッツ・カールトンという一流ホテルの話です。

----------------------

『アメリカ・フロリダ州にあるリッツ・カール
トン・ネイプルズでの出来事です。ビーチ係が、
砂浜に並んだビーチチェアを片づけていました。
そこにひとりの男性のお客様がやってきて、こう
告げました。

「今夜、この浜辺で恋人にプロボーズしたいんだ。
できれば、ビーチチェアをひとつ残しておいて
くれないか」

時間が来たら椅子を片づけるのが彼の仕事でした
が、そのスタッフは「喜んで」と言ってにっこり
と笑い、ビーチチェアをひとつだけ残して
おきました。ここまでは、少し気のきいたホテル
マンならば誰でもできることです。

ところが、そのスタッフは違いました。
彼は椅子のほかにビーチテーブルもひとつ残して
おいたのです。そしてテーブルの上に真っ白な
テーブルクロスを敷き、お花とシャンパンを
飾りました。またプロポーズの際に男性の膝が
砂で汚れないように、椅子の前にタオルを畳んで
敷いたのです。

さらに彼はレストランの従業員に頼んで
タキシードを借り、Tシャツに短パンという
いつものユニフォームから手早く着替えました。
手には白いクロスをかけ、準備を整えてカップル
が来るのを待っていました。

お客様が言葉にされた要望は、ビーチチェアを
ひとつ残しておくことだけだったにもかかわらず、
です。』

(『リッツ・カールトンが大切にする サービスを
超える瞬間』より引用)

----------------------

(つづく)

この記事を書いている人 - WRITER -
桑山 元
社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」に所属しています。 お笑い芸人の傍ら、「わかりやすい伝え方」を極めるべく、セールスライター、スピーチライター、講師、ライトノベル執筆に挑戦中! 最近は「遅ればせながら」御朱印集めにハマりつつあります。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 桑山元、遅ればせながら チャレンジ中!! , 2017 All Rights Reserved.