落ち着きのない大人が 手あたり次第にチャレンジします!!

恥ずかしさMAXでアワアワした話(わらプレvol.166)

2020/03/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
桑山 元
社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」に所属しています。 お笑い芸人の傍ら、「わかりやすい伝え方」を極めるべく、セールスライター、スピーチライター、講師、ライトノベル執筆に挑戦中! 最近は「遅ればせながら」御朱印集めにハマりつつあります。

こんばんは、夜分遅くにすみません。
今日は、ザ・ニュースペーパーのラジオ番組の収録に行ってきました。
日曜日の朝5:00から月一でやってる放送。

絶対言っちゃいけない一言
「……これって聞いてる人、いるのかな?」
という一語を飲み込んで喋ってきました。

が、今日はイマイチ噛み合わなかったなぁ~(笑)

で、明日は埼玉県入間市で公演だというのに、ラジオの収録が終わった後、中野に行きました。
多言語プラザ・セルラスという集まりです。
有志の皆で集まって、外国の方と積極的に交流しようというサークルです。
テキストとして英語・スペイン語・韓国語・中国語・ロシア語を扱っています。
誤解のないように言っておきますが、僕は全く喋れません。
英語もカタコト程度。
さらに月会費は払っているものの、全然行けてなくて勿体ない事をしています(笑)
先週の木曜日は4か月ぶりに参加するというほどの有様(笑)

そんなわけで、少し遅れて中野に着くと、会場内には
・リーダーの日本人
・5か国語を話すインドネシアの方
・中国の方7名
・飯田橋メンバーの女性と娘さん(4歳)と息子(1歳)
が、既に色々やっていました。

部屋に入るなり
「今、自己紹介をしてたの。じゃ、来て早々だけど、ゲンちゃんにも自己紹介をしてもらおう!!」
となりました。

その後に、さりげな~~く滅茶滅茶ハードルの高い一言が添えられます。
「……中国語で」

えぇ~~~。
もう完全にパニックです。

そういえば半年くらい前に名前とか色々中国語で教えてもらったような……

なんだったっけかなぁ。

なんか覚えにくかったから、変な言い方して覚えたんだよなぁ。

たしか……明石家さんまさんがお茶飲みながら「金のことは言わへんでぇ~」みたいなイメージだったよなぁ。

あ!!
思い出した。

ウォーチャオ サンシャン ユアンイェン!!
(お茶を……さんちゃん、言わん、円)
私の名前は桑山元延です、という意味です。

その後、リーダーのはっちが
「で? どこに住んでるの? 家族は?」
等と訊いてくる。

いや、わかんないから。
ほんと、全然わかんないから。
もう勘弁して。

喋れないし、何と言っていいのかもわからないので、すっかり恥ずかしくなって、つい
「え~~と、えぇ~~と。なんだろう? 何て言えばいいの?」
などと日本語で言います。しかも小声で呟くように。

黙って困ってたら終わるかと思ったのですが、どうやら許してはもらえないようです。
普段、「笑プレ」で偉そうな事を言っててもステージが変わると、こんなにも恥ずかしさに押しつぶされてアワアワするものなのか。

その時、ふと思ったんです。

たしかに中国語でなんと言えばいいのか、わからない。
でも、「中国語がわからない」ことと「恥ずかしい」のは別物じゃないか? と。

とはいえ、今までの恥ずかしさで「いっぱいいっぱい」なのは現実。
どうすればいいだろう?

これって、プレゼンやスピーチの前に緊張して、にっちもさっちもいかなくなってる状況と似てません?

さぁ、こんな場合はどうします?

僕がとっさに思った事は
「チャンネルを変えよう」
でした。

自分の中にある「出来ないところを見られたくない」とか「恥ずかしいことはしたくない」と思っている、妙なプライドの自分。
その自分から「どんだけ格好悪くても、なりふり構わずやる自分」にテレビのリモコンを操作するように、チャンネルを変えてみよう!!
そう思ったんです。

ん~~、イメージとしては……そう、そこにいる4歳のお嬢ちゃん。
「言葉遣いがぐちゃぐちゃでも気にしない子ども」
「とにかく自分の言いたいことをなんとか伝えようとする子ども」
そんなイメージで自分を変えようとしたんです。

とはいえ、今まで恥ずかしさMAXだったわけですから、そんなに冷静にイメージだけでは変わりません。

じゃ、ここで再び問題です。

僕はどうやって、自分のチャンネルを変えたでしょう?

答えは明日、公演の空いた時間に送ります(笑)

この記事を書いている人 - WRITER -
桑山 元
社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」に所属しています。 お笑い芸人の傍ら、「わかりやすい伝え方」を極めるべく、セールスライター、スピーチライター、講師、ライトノベル執筆に挑戦中! 最近は「遅ればせながら」御朱印集めにハマりつつあります。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 桑山元、遅ればせながら チャレンジ中!! , 2018 All Rights Reserved.