落ち着きのない大人が 手あたり次第にチャレンジします!!

クレド!?(わらプレvol.102)

2020/03/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
桑山 元
社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」に所属しています。 お笑い芸人の傍ら、「わかりやすい伝え方」を極めるべく、セールスライター、スピーチライター、講師、ライトノベル執筆に挑戦中! 最近は「遅ればせながら」御朱印集めにハマりつつあります。

(前回のあらすじ)
リッツ・カールトン・ホテルで、ビーチ係の
スタッフに「プロポーズをしたいから椅子を
ひとつだけ残しておいてくれ」と頼んだら、
それを遥かに上回るサービスをした。

リッツ・カールトンは「クレド」と呼ばれる
名刺大のカードに「自分達の信条」をまとめて
書いてあるものを従業員全員が携帯している
そうです。

そこにはこう書いてあるというのです。

----------------------
リッツ・カールトン・ホテルは
お客様への心のこもったおもてなしと
快適さを提供することを
もっとも大切な使命とこころえています。

私たちは、お客様に心あたたまる、くつろいだ
そして洗練された雰囲気を
常にお楽しみいただくために
最高のパーソナル・サービスと最高の施設を
提供することをお約束します。

リッツ・カールトンでお客様が経験されるもの、
それは、感覚を満たすここちよさ、
満ち足りた幸福感、
そしてお客様が言葉にされない
願望やニーズをも先読みしておこたえする
サービスの心です。
----------------------

つまり通常僕らが考えるホテルは宿泊業です。
何のプロか? と問われれば、きっと「宿泊の
プロ」と答えてしまうでしょう。

しかしリッツ・カールトンでは、「素敵な空間・
素敵な時間・素敵なサービスを提供するプロ」と
自らを定義している訳です。

だからこそ、ビーチ係の人が普通なら「面倒
臭い」と感じるシチュエーションでも、
あれほどのサービスを苦労と感じずに提供できる
のでしょう。

先輩の松下アキラさんからしてみれば「お笑いの
プロが台本を書くのを面倒臭がってどうするの?」
という話です。

それはレストランのシェフが、「料理するのは
面倒臭いから、盛り付けだけやりたい」と言って
いるのと変わらない、というニュアンスの事を
言っていたように僕は感じました。

リッツ・カールトンの話は、実は2つの側面を
持っています。

(つづく)

この記事を書いている人 - WRITER -
桑山 元
社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」に所属しています。 お笑い芸人の傍ら、「わかりやすい伝え方」を極めるべく、セールスライター、スピーチライター、講師、ライトノベル執筆に挑戦中! 最近は「遅ればせながら」御朱印集めにハマりつつあります。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 桑山元、遅ればせながら チャレンジ中!! , 2017 All Rights Reserved.