落ち着きのない大人が 手あたり次第にチャレンジします!!

反応が1.5倍~2倍以上になるテクニックって何だと思う?(わらプレvol.189)

2020/04/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -
桑山 元
社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」に所属しています。 お笑い芸人の傍ら、「わかりやすい伝え方」を極めるべく、セールスライター、スピーチライター、講師、ライトノベル執筆に挑戦中! 最近は「遅ればせながら」御朱印集めにハマりつつあります。

桑山です。
昨日はかなり忙しくて、メールにも目を通していなかったのですが、今朝、メールチェックしてビックリ!!!

めちゃくちゃ嬉しいメールが届いていました。
このメルマガに対する返信です。

-----------------------------------

先日、海外でプレゼンしてきました。

プレゼン本番で、以前にこのメルマガで「プレゼンするときに、皆んなに向かって話すより興味を持っている特定の人に向けて話すと良い」ということが書かれていたのを思い出して、みようみまねてやってみたら、とても良いプレゼンになりました。

しかもそのプレゼン、スピーカーの私は日本語で話して、聞き手の方たちは同時通訳で聞くというものでした。

言葉の壁を乗り越える内容を提供していただける桑山さんに感謝です。

-----------------------------------

いやぁ、めちゃめちゃ嬉しいですね。
誰かの役に立っていると実感できた時が一番嬉しいです!!!

調子に乗って、今日はあまり話してこなかった秘密のことについてお話しします。
過去に2~3回、これについてお話したことはあったのですが、それでも3/189ですよ。
なんかネタバレっぽくなるので、あまり積極的には話してこなかったのですが、なかなか威力は強烈です。
ピンときた方、いらっしゃいますか?

 

さて、僕は年に2回あるザ・ニュースペーパーの本公演を知り合いに告知しています。
いわゆるダイレクトメールですね。
別に強制されていないのですが、自主的に250通くらい出してます。
(暑中見舞いと年賀状は大体400通弱、出してます)
その全てに手書きで一言添えています。

でも、ダイレクトメールの宿命とでもいいましょうか。
250通出しても大体20~30人くらいからしか反応がないんですね。
1人で複数枚のチケットを頼む方も結構いらっしゃいますので、大体60枚くらいチケットのお申し込みを頂けます。

で、ですね。
この前の夏の本公演の時に「そういえば、わらプレで色んなことを紹介してるけど、DMのお便りでも応用できるんじゃないかな?」と思い、あるテクニックを実践してみたんです。
そしたら、いつもは60枚くらいのチケット申し込みが、90枚になりました!!

そのテクニックというのは……

なんだと思いますか?

 

 

これですよ、これ。

 

え?
意味が分からないって?

 

ついさっきも使ったじゃないですか!!

「問いかけ」です。

どうやら人間の脳は、問いかけられると反射的に答えようとする性質があるようなんです。

思い当たること、ありますか?

 

ほら、一瞬「なんかあったかな?」って頭をよぎったでしょ?
本のタイトルなんかでも積極的に使われているテクニックですよね。
「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」

「え? なんでだろ? もしかして……」と一瞬、仮説を立てたくなりませんか?
そこまで行かなくても「え、潰れないの?」などと、心に引っ掛かりが出来るはずです。
このタイトルが例えば、こうならどうでしょう。
「さおだけ屋は潰れない」
「潰れないさおだけ屋」
ふ~~んって通り過ぎませんか?
最初のタイトルと比べてみるとその違いが分かるはずです。

なので、僕はこんな一文を挟んでみました。

今年はザ・ニュースペーパー結成30周年です。30年前、○○さんは何をしていらっしゃいましたか?

もちろん、30歳以上に限定してですよ(笑)
その結果が自分でも驚くほどの1.5倍の反応です。
しかも、それだけじゃないんです。
チケットのお申し込みがない方からもメールでお返事がきました。
「30年前はちょうど会社で海外転勤になって大変でした」
「最初の子どもが生まれた頃で……」

今までDMを出して、チケットの申込以外でメールを貰ったことなどなかったので驚きでした。

生まれて初めて出演した映画が上映されることになったので、暑中見舞いでも問いかけをしてみました。
「お勧めの映画は何ですか?」
これまた、色んな方から反応がありました。
中にはお勧め映画のDVDを送って下さった方までいらっしゃいました。
「これは本当にお勧めなのでお貸しします。差し上げるわけではないので見終わったら返してください」と添えて。
嬉しかったですね~~。

一番笑ったのは、高田馬場をフラフラ歩いていた時に声優養成所の先輩とばったり会ったんですね。
たぶん9年ぶりくらいに。
お互い「あ!」「お!」みたいな感じですよ。
そしたら、その先輩つかつかと歩み寄りながら
「あ! 桑山君? えっと、お勧めの映画はね……」
え? 「久しぶり!」より先に、それ!?
問いかけの威力、ハンパねぇ~~~!!!!

人間の脳は問いかけられると反射的に答えようとする。
それを利用した「問いかけ」は、最短最速のコミュニケーションの糸口かもしれません。

次回は、人前で話すときに僕がよく使う「問いかけ」について、お話ししたいなと思います。
お楽しみに!!

この記事を書いている人 - WRITER -
桑山 元
社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」に所属しています。 お笑い芸人の傍ら、「わかりやすい伝え方」を極めるべく、セールスライター、スピーチライター、講師、ライトノベル執筆に挑戦中! 最近は「遅ればせながら」御朱印集めにハマりつつあります。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 桑山元、遅ればせながら チャレンジ中!! , 2018 All Rights Reserved.