落ち着きのない大人が 手あたり次第にチャレンジします!!

最近、運が悪いなぁと思ったら(わらプレvol.215)

2020/03/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
桑山 元
社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」に所属しています。 お笑い芸人の傍ら、「わかりやすい伝え方」を極めるべく、セールスライター、スピーチライター、講師、ライトノベル執筆に挑戦中! 最近は「遅ればせながら」御朱印集めにハマりつつあります。

東京は雨が降ったりやんだりで
「あぁ、いよいよ梅雨に入ったんだなぁ」
という感じです。

最近は毎日のようにメルマガを書いていますが、
それまでの9ヶ月間くらい、メルマガをサボって
いる間は何をやっていたかと言うと……

実は結構色んな頼まれ事をしていました。
しかもニュースペーパーとは関係ない頼まれ事。

これは、年末の仕事関係の箱根忘年会で
ホテルの裏庭に祀られていた龍神様を
お参りしたからなのか……
それとも単なる偶然か……

ちなみに龍神様のご利益は「縁結び」

「これは既婚者の僕には関係ないや……」
と一度は踵を返したものの、思い返し
「いや、お仕事関係の縁を結んでもらおう」
とお祈りしました。

年末から今日までの間に
どんな依頼が舞い込んだかと言うと……

・コントの台本執筆(役者さんのイベント)
・新作落語の台本執筆(後援者さんからお誘い)
・スライド作成&オペ(役者さんのイベント)
・スピーチ指導(区議会議員選挙の候補者さん)
・時代劇コントの執筆(役者さんのイベント)
・ウェディングパーティーの司会
・漫才台本の執筆(役者さんのイベント)
・朗読劇の執筆(役者さんのイベント)
・一人芝居の台本提供(役者さんの企画舞台)

これらは(選挙関連のものなど)ボランティアの
ものもありますが、ギャラの発生うんぬんより
自分が必要とされることの方が嬉しいです。

ただ、これらをTKGライブと並行して
こなしていたので、結構大変でした。

実は最初はニュースペーパー以外の依頼を
受けるのが怖かったんです。
正直言って、尻込みしていました。

「え? お前ごときが??」
って言われたら、どうしよう……

「そんな暇があったらニュースペーパーの
コントを書けよ」
って言われたら、どうしよう……

やってみて、ガッカリされたらどうしよう……

何か新しい事にチャレンジしようと思った時、
こんなネガティブな感情に引っ張られて、
一歩も動けなくなったことって、ありませんか?

そんな時、僕の背中を押してくれたのは
本の中に書いてあった一文でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「運は他人が運んできてくれる」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

いや、最初は「は??」って思いましたよ。
運を良くする方法は、って前置きの後ですから。

何? その他力本願な感じ!?

でも改めて自分を振り返ってみると
「運が良くなりますように!!」
とか神頼みしているわけですよ。

立派に他力本願してるわけです。

で、改めてこの言葉の意味を考えました。
そもそも「運が良い」って何なのか?

・仕事がどんどん舞い込む
・素敵な異性と出会う
・宝くじが当たる
・周囲の評価がめっちゃ上がる
などなど。

宝くじを別にすれば、これって全部
「他人が紹介してくれるもの」ですよね?

お仕事を持ってきてくれるのも「人」。
異性を紹介してくれるのも「人」。
周囲の評価も、もちろん「人」。

ここで僕が言いたいのは
「だから周りの顔色をうかがって好印象を残せ」
ってことじゃありません。

運を良くしたい時は「人に会いまくる」ことです。

今まで躊躇していた会合にも出向く。
誰かに誘われたら「とりあえず」行ってみる。

2人に会ったら、2人の話が聞けます。
20人に会ったら、20人の話が。
200人に会ったら、200人の話が聞けます。

200人と会って話したら、
なかには自分がお手伝いできそうな話が1~2個は
混じっているかもしれません。

自分が「お手伝い」出来る話です。
自分が「得する」話ではありません。
また「自分の評価が上がったり」「目立ったり」
して、自分が「気持ちよくなる」話でもありません。

今まで僕はここのところを勘違いしていました。
だからきっとチャンスはたくさんあったのだろうと
思います。
でも全部逃していました。

逆を考えたらすぐ分かる話なのに、
僕は全然わかっていませんでした。

だって、どっちの人の方に好意を持ちます?
「何か僕が得する話ない?」って寄ってくる人と
報酬なんか二の次で「何かお手伝い出来る話ない?」
って寄ってくる人。

「最近、あんまり良いことないなぁ」
「最近、運が悪いなぁ」
と感じていたら、
(1)たくさんの人に会って
(2)お手伝いできる話を探す
のも、一つの方法かもしれませんよ♪

P.S.区議会議員に立候補した方は、党の方針で
数合わせ的に3次募集で急に担ぎ出されて
戸惑いながら候補者エントリーしたのですが、
候補者44名(定数34名)中、全体6位の
得票数で当選しました。

勝因は僕のアドバイスというより、ご本人の
頑張りですけどね♪

この記事を書いている人 - WRITER -
桑山 元
社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」に所属しています。 お笑い芸人の傍ら、「わかりやすい伝え方」を極めるべく、セールスライター、スピーチライター、講師、ライトノベル執筆に挑戦中! 最近は「遅ればせながら」御朱印集めにハマりつつあります。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 桑山元、遅ればせながら チャレンジ中!! , 2019 All Rights Reserved.