落ち着きのない大人が 手あたり次第にチャレンジします!!

退院後、どこで何を食べようか?(わらプレvol.150)

2020/04/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
桑山 元
社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」に所属しています。 お笑い芸人の傍ら、「わかりやすい伝え方」を極めるべく、セールスライター、スピーチライター、講師、ライトノベル執筆に挑戦中! 最近は「遅ればせながら」御朱印集めにハマりつつあります。

おはようございます。
今日でいよいよ退院です。

今後は4/30までは絶対に声を出しちゃダメ。
それ以降は手を伸ばせば届く範囲の音量で少しずつ声を出すみたいです。
と言っても1時間に1回とからしいので、僕からしたら喋れないのと同じです(笑)

退院したら何を食べようかな?
とウキウキしながら考えてたんですが、よく考えたら
「注文が出来ない!!」
ことに気づきました。

メニューを指せば出来なくもないのでしょうが、なんか態度悪そうですしね。

じゃ、どこのお店なら喋らなくても行けるかなと考えると……

マクドナルド→×(口頭注文)
ラーメン屋→×(口頭注文)
丸亀製麺→×(口頭注文)
すき家→×(口頭注文)
吉野家→×(口頭注文)
日高屋→×(口頭注文)
松屋→○(券売機)

おぉっ!!
松屋なら券売機だから喋らずに注文できるじゃないか!!!

ということは、券売機の店を思い浮かべればいいわけだ。

富士そば!!!

しかし、富士そば→×

よく考えたら券売機で買ったチケットをカウンターに出すときに「そば? うどん?」と聞かれるのでした。

そこで意外な伏兵を発見!!!

つけ麺の「三田製麺」!!!
あそこは確か券売機!!

そういえば、同じつけ麺の安兵衛も券売機だったはず!!

ただし、その2つとも麺を食べ終わった後の「割りスープ」の注文が出来ないことを思いだし愕然としました。

しかし、こうやって改めて自分の食生活を振り返ってみると、なんというか……偏ってますね。
割とニート寄りですよね?

そしてもう一つ気がついたことがあります。

それは「お店に入ったら、少なからず声を出す機会がある」ということ。

昨日も「話が伝わり辛い人の何割かは単に声が小さいだけ」というお話を少ししました。

実際、小声で話していると周囲から「おとなしい人」という目で見られがちです。
周囲の人は自分のことを「おとなしい人」として接してくるので、自分でも無意識で「自分はおとなしい人なんだ」という思い込み・刷り込みが出来上がります。
この思い込み、無意識なだけに厄介です。
自分では知覚できないのです。
知覚できないと人間は「当たり前のこと」として受け入れてしまいます。

自分が生きてること
生きているのと死んでいることの境目(構成されている物質は死亡直後なら同じはず)
鳥が空を飛んでること
テレビをつけたら番組が見られること

これら、よくよく考えてみると仕組みが複雑でわからないことですよね?
言われれば「あ、たしかに」と思いますが、普段から「いやぁ~不思議だなぁ。なんでなんだろう?」と考えてないはずです。
自分が当たり前だと思っている性格や行動パターンもそれと同じなんだと思います。

おとなしい人だと思い込んでる人が「人前で話す」

ここで通常、「出来るわけない」という結論に達します。
ほぼ直感的に。
では、この前提を崩してやればいいわけです。

その一歩が「普段より大きな声で話してみる」です。
実際、大きな声で話してみると、自分に自信が出てくるように感じます。
ほんの少しかもしれません。
でも、その少しが重要なんです。
ほんの少しでも自分が変わったということなんですから。

とはいえ、「さぁ今日から大きな声で話しましょう!!」と言われても抵抗あると思います(笑)

そこでお勧めなのが「あいさつ」です。

「おはようございます」
「ありがとう」
「ごちそうさま」

色々な挨拶がありますが、挨拶のいいところは多少元気よく言っても、誰にも怒られないところです。
怒られるのは葬儀場くらい。
大音量で言う必要はありません。
普段の1.3倍~1.5倍くらいのボリュームで言ってみて下さい。

恥ずかしいことなんてありません。
むしろ挨拶しない方が大人としては恥ずかしい行為なのですから。

職場の同僚や友達に「いきなり」だと、ハードルが高いと感じる方にお勧めの場所があります。

勘の良い人なら、もうお気づきですよね?
そう、あそこです。

お店です!!

冒頭でご紹介したとおり、喋らずに済むお店の方が少ないんです。

しかも、こっちはお客!!
向こうは「おい、でけぇ声でごちそうさまですとか言ってんじゃねぇよ」なんて言いません。

さらに、恥ずかしくても「基本的には二度と会わない人」です(笑)。
よっぱど恥ずかしい事態になったら、しばらく行かなきゃ良いんですから(笑)。

この方法、試してみる価値あると思いますよ♪

P.S.
僕は息子のコジローとご飯を食べに行くと、必ず帰り際に
「ごちそうさまでした。美味しかったです」
とコジローに言わせます。もちろん僕も言います。
レストランだけでなく、マクドナルドでもサイゼリヤでも言います。

この記事を書いている人 - WRITER -
桑山 元
社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」に所属しています。 お笑い芸人の傍ら、「わかりやすい伝え方」を極めるべく、セールスライター、スピーチライター、講師、ライトノベル執筆に挑戦中! 最近は「遅ればせながら」御朱印集めにハマりつつあります。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 桑山元、遅ればせながら チャレンジ中!! , 2018 All Rights Reserved.