落ち着きのない大人が 手あたり次第にチャレンジします!!

ニセ授業が始まりますよ~~(わらプレvol.67)

2020/03/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
桑山 元
社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」に所属しています。 お笑い芸人の傍ら、「わかりやすい伝え方」を極めるべく、セールスライター、スピーチライター、講師、ライトノベル執筆に挑戦中! 最近は「遅ればせながら」御朱印集めにハマりつつあります。

皆さんから沢山のお誕生日のお祝いコメントを頂きました。
Facebookを中心にコメントを頂いたのですが、その中に1人だけ、このメルマガに返信してお誕生日コメントを送って下さった方がいらっしゃいました。

どのコメントも嬉しかったのですが、そういう「他の人と違うやり方」って、やっぱり心に残りますね。
他人と違う切り口や方法。それはコメントの内容でも構わないのですが。
これは凄いパワーを持っているな、と実感した誕生日でした。

△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽

前回は話の最初、いわゆる「つかみ」の部分で「関係ない単語を並べて興味を引く」という方法について解説しました。
マーケティングの広告文(業界用語ではセールスレター等と言うそうです)のヘッドラインと呼ばれる部分を参照しながら、「違和感」をあえて演出する方法ですね。

これも言ってみれば「他人と違う切り口」から始めて、興味を引く方法と言えるわけです。

今回は無謀にも、僕とは全く関係ないジャンルについて、この違和感の再現に挑戦してみたいと思います。

どんなジャンルがいいのかなぁと考えたのですが、「じゃ、いっそのこと、僕が一度も興味を持ったことがないジャンル」がいいかなと思いました。
僕が最も興味がなくて、しかも疎い分野と言えば……そう、ファッション業界ですね。
そのなかでも、もう少し分野を絞った方が良いと思い、出した結論が「ヘアスタイルの歴史概論」(笑)

いやぁ、得意とか苦手とかを通り越して、今まで一度も調べたことも興味を持ったこともありません(笑)
まぁこういう授業をするのであれば、おそらく美容専門学校とかなんでしょうね。
そういう授業があるのかどうかも知りませんが。

今回は、この授業をしなければいけないという前提で冒頭部分の実演をしてみましょう。

=====================================
はい、皆さん、こんにちは。
今日の授業は50年代以降のヘアスタイルの歴史について学んでいきましょう。

お、いいですね。
早速、露骨に興味ない感じ全開ですね。

ヘアスタイルの歴史全般に言えることなんですが、特に今日学ぶ50年代以降のヘアスタイルに象徴されるのは「PPAP」です。
今、一瞬自分の耳を疑いました?
えぇ、あのPPAPですよ。ピコ太郎の。
いや、豹柄は関係ありません。

じゃ、ちょっと聞いてみましょうか。
PPAPを知ってる人、手を挙げてみてください。
あ、さすがに知名度は凄いですね。
PPAPを面白いな、と思う人!!
おぉ、好みは分かれるみたいですね。
逆に、今ならPPAPよりこっちの方が面白いよっていうのを知ってる人!!
ほぅ、何人かいますね。後でこっそり教えてくださいね。

これだけPPAPのことを知っている人がいるってことは、もうPPAPの歌詞をおさらいしなくても大丈夫ですよね?
まずPPAPの歌詞をちょっと思い出してみて下さい。
さぁ、思い出したまんまの状態で今日の授業に移りますよ。

では、50年代のヘアスタイルを順に羅列していきます。(黒板に写真などを貼りながら)
アメリカ兵に多い短髪スタイルの「GIカット」
少し長めの髪を額にかける若い頃の石原慎太郎の「慎太郎刈り」
映画『悲しみよこんにちは』の主人公の女性セシルがしていたベリーショートの「セシルカット」

60年代に入るとこんな感じのものが流行ってきます。
ビートルズで大人気「マッシュルームカット」
ミニスカートを流行らせたツイッギーの髪型「ツイッギーカット」
ちなみにこれ、ヴィダルサスーンが手がけたと言われているシャープなショートヘアです。
アイビーリーグの大学生の間で流行った七三に分けるスタイルの「アイビーカット」

70年代には
ハリウッド女優のファラフォーセットメジャーズが流行らせたと言われているロングのハイレイヤースタイル「サーファーカット」
沢田研二に代表される襟足ロングの「ウルフカット」

80年代に入って
松田聖子さんがデビュー当事にしていた髪型「聖子ちゃんカット」
ストレートで長めの髪を一定の長さにそろえたワンレングス、つまり一つの長さ。いまやバブルの象徴の「ワンレンヘア」
前髪部分を長く不揃いにした藤井フミヤのいるバンド・チェッカーズが流行らせた「チェカーズカット」

90年代は
木村拓哉や江口洋介に代表される男性の長髪「ロン毛」
そのキムタク主演の大ヒットドラマ『ロングバケーション』でヒロインの山口智子がしていた「シャギー」
当事はシノラーという言葉も生み出した篠原ともえさんがしていた、眉毛の上でバッサリ切り揃える「オンザ眉毛」

どうですか?
段々眠くなってきたでしょう?

で、それが一体何なの?
何の役に立つの?
テストに出すから覚えろっていう訳?

それが違うんですよ。
今日、最初に何の話をしました?

そう、PPAP。

これらの写真を見て、何か気づくことはありませんか?
ピコ太郎のパンチパーマは出てきてない!
違います、そういうことではありません。

じゃ、ヒント。
男性、女性の違いはありますけど割と長髪・短髪と交互に波が来ていることに気がつきませんか?

それから、特に男性の髪に顕著ですけれども、不揃いの部分長髪がちょいちょい出てきてませんか?
例えば「スポーツ刈り+前髪不揃い」の慎太郎カット。
襟足不揃いのウルフカット。
「テクノカット+前髪長めの不揃い」チェッカーズカット。

あと、芸能人から流行ったものと外国で流行ったもの。
大体、この2つから作られてません?

つまり「I have a pen」なんですよ。
ベタな外国からの輸入なんですよ。

そしてPPAPの曲みたいに基本は繰り返し。

さらに「ン~っ!! Apple pen」
違うものと違うものの合体なんですよ。
前髪+不揃いの次は、きっちり切り揃えたマッシュルームカットやアイビーカット。
その次は不揃い+襟足でウルフカット。
今度は女子がきっちり揃えたワンレンに対抗して、男子は不揃い+前髪+テクノでチェッカーズカット。

ね?
PPAPっぽくない?
ちょっと強引?

でも、こういう流れを抑えておけば、次に何が流行りそうかとか、あるいは自分で流行りそうなヘアスタイルとか作る糸口が見えてこない?
でしょ?

これ、テストに出るからとか、そういうことで学んでるんじゃない。
みんなが美容師資格を取った後、お店で実際に働くときに一番役に立ってくること。
もしかしたら開業して自分でお店を持つことになるかもしれない。
もしかしたら、自分の考案したヘアスタイルが一世を風靡するかもしれない。
その時にかなり役に立つ知識が、ヘアスタイルの歴史なんだよ。

じゃ、もうちょっと詳しく見ていこうか。
まずはこの「GIカット」から。
=====================================

いかがでしたでしょうか?

僕はこの分野、本当に全然知らなくてネットで調べたことを自分なりに統合して話しているので、合っているかどうかはわかりません(笑)
でも、最初のカマし方とか、小出しに引っ張っていく感じとかイメージは掴めましたでしょうか?

明日は今回のこのニセ授業で、どんなテクニックを使っているかを解説していきたいと思います。

△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽

いやぁ、自分が知らないことを調べながら書くのって、本当に時間がかかりますね。
いつもの倍くらいの時間がかかっちゃいました。
だいたい2時間半くらい。

僕は知らない事だらけだったので、それなりに面白かったんだけど、伝わったのかな?
ちょっと不安です。

この記事を書いている人 - WRITER -
桑山 元
社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」に所属しています。 お笑い芸人の傍ら、「わかりやすい伝え方」を極めるべく、セールスライター、スピーチライター、講師、ライトノベル執筆に挑戦中! 最近は「遅ればせながら」御朱印集めにハマりつつあります。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 桑山元、遅ればせながら チャレンジ中!! , 2017 All Rights Reserved.